top of page

妊娠中、出産後も綺麗なママで


女性は妊娠中から体型の変化や体質の変化などが起こり、ママの美容はどうすれば良いのか迷走しがちです。また妊娠出産を経る中で、その変化は一度ではなく何度も生じていきます。

さらに、出産後は赤ちゃんのお世話で忙しくなり、なかなかママ自身の美容に時間が取れず、ママを悩ませることでしょう


特に悩まされる方が多い、「肌」の美容について、妊娠中でも簡単に出来る効果的なケア方法を紹介します。



妊娠中から気をつけたい!肌のお手入れ

妊娠中はホルモンバランスがデリケートになっている時期。なので、妊娠前の肌質とは全く違う状態になったり、急激に吹き出物が出来てしまったりと、肌トラブルに見舞われるママはとても多いです。


ホルモンバランスだけではなく、お腹の中に赤ちゃんがいることで内臓器官への負担も大きくなり、体質に変化が生じることも少なくありません。

さらに、寝苦しくなるなどの理由による睡眠不足や、胎児への栄養供給を優先している影響も肌トラブルに大きく関係しています。


このように妊娠中の敏感になっているお肌に対して出来る、出産後のお肌にも良い影響がある簡単で効果的なケア方法をご紹介します。


妊娠線ケアやシミにも効果的!とにかく保湿

妊娠中はホルモンバランスの影響で肌が乾燥しやすい状態になっています。


自分の肌が乾燥肌ではないと感じている方でも、季節に関わらず知らず知らずのうちに肌が乾燥し、さらなる肌トラブルを招く可能性があります。


これまで使っていた化粧品よりも保湿性の優れたものを利用したり、保湿クリームや美容液を追加するなどしてケアを行いましょう。
妊娠中は肌自体が敏感となっていますので、なるべく低刺激の商品を選ぶようにしてくださいね。

また、妊娠中は香りにも敏感になっていることもあり、なかなか化粧品に手が出ないという方は、ミネラルウォーターや精製水でパッティングを行うだけでも保湿効果があります。

さらに、どんな基礎化粧品にも追加できる万能保湿クリームがワセリンです。病院では「プロペト」という名称で処方されます。


無香料で低刺激であり、かつ出産後の乳頭ケアをはじめ全身に使える万能クリームは、どんな化粧品の前後でも使うことが出来ますし、このクリームを塗るだけでも大きな保湿効果があります。

肌の保湿は妊娠中だけでなく出産後にも大切なケアとなりますので、継続しやすい方法で長く続けていくことが大切です。


妊娠中はシミも出来やすい!簡単なUV対策

妊娠中はシミやそばかす、色素沈着は体質によって個人差があり、シミはできないのに乳首だけ色素沈着が起こる人、シミだけ明らかに増える人など様々です。

しかし、妊娠中はホルモンバランスの影響もありシミが出来やすくなっていることは事実です。


一番基本的で手っ取り早い方法が、日焼け(UV)の対策をしっかりと行うことです。
日焼け止めを塗っても肌トラブルが起こらず、匂いなども大丈夫なようであれば、朝の保湿を行った後に日焼け止めを塗る習慣を取り入れましょう。

日焼け止めの中には敏感肌用の無香料のものや、ファンデーション効果もついているBBクリームタイプのものもあります。自分に合った商品を見つけてみてください。

日焼け止めは肌が敏感になっている人にとってはなかなか手が出しにくい場合がありますので、そのような場合は衣服で対策を行いましょう。


ベランダに出る時に帽子をかぶったり、外に出る時にUVカットのマスクをしたり、UVカット加工がされているメガネをかける、日傘をさすなどといったの方法がおすすめです。

最近では日焼け止め効果のあるグローブやアームカバーも手軽に手に入りますので、ぜひ生活に取り入れてみてください。


また、食生活の中にビタミンCを取り入れることもおすすめです。ビタミンCは肌の中のコラーゲンの生成に大きな役割を果たす栄養です。

ビタミンCを多く含むフルーツや野菜を食生活の中に取り入れることで美肌を目指しましょう。ただし、つわりなどで食事が摂れない時は無理に食べないようにしてくださいね。


さらに、述の乾燥対策はシミ対策にもつながりますので、必ず継続するようにしましょう。

bottom of page